trim.jpg

クリスマススワッグとは?

「スワッグ」とは、ドイツ語で「壁飾り」の意味で、リースと並んでクリスマスの伝統的な飾りのひとつです。「スワッグ」に使うモミなどの針葉樹は、一年中緑色が絶えない常緑=「エバーグリーン」、つまり「永遠の命」を表しますが、「魔除け」の意味もあるそうですよ。クリスマスリースよりも少ない材料で、ささっと束ねるだけで素敵な壁飾りの出来上がり♪玄関のドアにさりげなく飾って、クリスマス気分を盛り上げましょう!

エバーグリーンを束ねて、
初雪を待つ森のクリスマススワッグ

おうちマーク入り_クレジット入り_メイン_bIMG_0875.jpg

おうちマーク入り_IMG_2869.jpg

シルバーグリーンの針葉樹やユーカリを豊かに束ねて。雪玉のような純白のコットンをアクセントに、大人っぽくも甘いエッセンスのスワッグに。

【材料】 ※下の画像ご参照ください(画像左から)
●ブルーバードの枝 1/2本を小分けに
●コニファー・ブルーアイスの枝  1/2本を小分けに
●銀葉アカシア 1/2本を小分けに
●グー二―ユーカリ  2本
●ユーカリ・ポポラスの実 1~2本 
●ヒムロ杉 1/2本を小分けに  
●松ぼっくり 大3個  
●コットンの実 3個
●麻ひも  約2メートル
●お好きなリボン  約1メートル
●ワイヤー(太さ#26) 10本程度 
●フローラルテープ適量(なくてもOK) 
(市販の星型のオーナメント)


【作り方】こちらをご参照ください フィガロ・ジャポン公式サイト
bIMG_0882.jpg


【応用編】 同じようなシルバーグリーンのベースでも、コットンの実の代わりに南京ハゼの白い実や、シャンパンゴールドに塗った枝などをプラスするとさらに大人っぽい雰囲気に。縦型を強調したアーモンド形ではなく、ベースのモミの枝の広がりに沿ったやや幅広のデザインも個性的。(リビングセンターOZONE3階企画展示「冬のリゾート」に展示中~2018/1/30まで)

ヒノキの枝やサンキライで
和の空間にも似合うクリスマススワッグ

おうちマーク入り_IMG_3023 (編集済み).jpg

木の温もりを感じる和のテイストの空間にも似合うスワッグをご紹介♪
ヒノキの枝や赤い実のサンキライ(山帰来)の蔓をシンプルに束ねた、素材の美しさを生かしたスワッグは落ち着いた佇まいで、このままお正月まで飾っておけそうなデザインです。





【材料】 
●ヒノキの枝  1本を小分けに
●ヒムロスギ  1本を小分けに
●サンキライ  1~2本
●麻ひも  適量




森の香りに
オレンジ&シナモンのスパイスを!

クレジット入り_bIMG_0898.jpg

針葉樹の枝を束ねれば深い森の香りに包まれるよう。クリスマスに欠かせないスパイス・シナモンや、ドライのオレンジを添えて、美味しそうなスワッグを!

【材料】 ※下の画像ご参照ください(画像左から)
●国産モミの小枝  2~3本
●ヒムロ杉  1/2本 
●ヒノキの枝(実つき) 1/2本
●リューカデンドロ プロモサス 1~2本
●松ぼっくり  大1個
●ドライのオレンジスライス  6~7枚
●シナモンスティック  3本
●コットン(茶) 3個
●麻ひも  適量
●お好みでラフィアかリボン  約1メートル
●ワイヤー(太さ#26)  15本程度 
●フローラルテープ適量(なくてもOK)

【作り方】こちらをご参照ください 
レシピブログ公式サイト くらしのアンテナ
IMG_0912.JPG

森の香りのクリスマススワッグ

winter1.jpg

ナチュラルな枝と松ぼっくりだけのシンプルなデザイン。少ない材料でまとめるせいか、スワッグはリースに比べて全体的に大人っぽい雰囲気になるような気がします。

【材料】 ※下の画像ご参照ください
●モミの小枝  2~3本(中央)
●コニファー・ブルーアイスの枝  1/2本を小分けに(左上)
●コニファー・ブルーバードの枝  1/2本を小分けに(左下)
●ヒノキの枝  1/2本を小分けに(右上)
●松ぼっくり  大2個
●麻ひも  約2メートル
●お好きなリボン  約1メートル
●ワイヤー(太さ#26)  4本

【作り方】こちらをご参照ください フィガロ・ジャポン公式サイト
材料.JPG

ユーカリ香るナチュラルドライスワッグ

軽クレジット入り_IMG_7821 (2).jpg


最近のトレンドは、無造作に束ねたグリーンのブーケを吊るして、ドライフラワーを作るようにすればできちゃうナチュラルスワッグ。ドライの質感にあわせて、キラキラし過ぎないシャンパンカラーの松ぼっくりと淡いブルーグレーのリボンをチョイスして。(写真は制作してから3週間ほど経過したものです)

【材料】
●ヒムロスギ  1本を小分けに
●コニファー・ブルーアイスの枝  1/3本を小分けに
●ユーカリの枝  1/3本を小分けに
●ユーカリポポラス(実付き)の枝  2本
●松ぼっくり  6~7個
●麻ひも  約2メートル
●お好きなリボン  約1メートル(写真はワイヤー入りリボン)
●ワイヤー(太さ#26)  適量

【作り方】  
1. 松ぼっくりにそれぞれワイヤーをひっかけて足を作ります。
2. ヒムロスギを土台に、ブルーアイスやユーカリの小枝を上に重ねるように束ねていきます。足元を揃えて束ね、途中途中ワイヤーをギュッと強く巻き固定します。
3. 1の松ぼっくりも一緒に束ねて、麻ヒモを3周ぐらい強く巻き、最後に壁にかけられるよう結び目を作ります。麻ヒモの上からリボンを巻き、蝶結びを無造作に垂らせば出来上がり

ミニミニスワッグで壁飾りをかわいく♪

クレジット入り_IMG_7675.jpg



クリスマスリースやスワッグを作った際に余った端切れの小枝で作れてしまうミニミニスワッグはいかがでしょうか?お部屋のお気に入りのフォトフレームの横などにあしらって、小さなクリスマスコーナーを作りましょう♪

【材料】
●ヒムロ杉の小枝(20~30cm程度) 1~2本 
●コニファー・ブルーバードの小枝   2本
●松ぼっくりなどお好みの実やオーナメント適量
●麻ヒモ 30cm程度
●ワイヤー(太さ#26)  3本程度

【作り方】  
1. 松ぼっくりにそれぞれワイヤーをひっかけて足を作ります。
2. 小枝を足元を揃えて束ね、一度ワイヤーをギュッと強く巻き固定します。
3. 1の松ぼっくりも一緒に束ねて、麻ヒモを3周ぐらい強く巻き、最後に壁にかけられるよう結び目を作れば出来上がり!お好みでオーナメントやリボンを加えてもかわいいでしょう。